お掃除の時間

私はお掃除が好きだ。
決して潔癖症ではないのだけれど、お掃除をしている時間は好き。
 
もし、一週間のうちにその時間が取れないと、心身ともにすっきりと日々を過ごせなくなってしまう。
だから、どんなに忙しくても、この時間はつくるようにしている。
 
お掃除をしている時間は、無心になれる。
 
私は目に見える汚れを拭ったり、
目に見えなかった汚れを見つけ出したりする。
ホコリを掃除機で吸い取ったり、
水回りや台所を磨いたりする。
 
毎日毎日、あんまり時間はとれないから
気になるところから手当たり次第、ちょっとずつやる。
 
こんな小さい作業を日々懲り返して、お部屋が気にならない程度に整頓されると
また一週間、前向きに過ごすことができる。
 
 
 
 
これって実は、私が社会に向けるモチベーションのそれとも一緒だと思う。
 
目につくことから、手当たり次第に綺麗に(汚れを元どおりに)させてていこうという志だ。
 
決して完璧にはできないけれど、せめてもの自分が生きる価値じゃないかって気がしている。
 
目の前の相手を悩ます汚れが見えたら、ちょっと拭いてみる。
そうでなくても、拭いてるうちにその布が黒く染まり、目の前に笑顔が現れていたりする。
 
こびりついた強力な油汚れなんかは、
たまに洗剤を変えたり、こするスポンジを変えてみする。
 
 
このお掃除は、そんなに特別なことではない。
何かかが思いっきり良くなったり、それまでの状態から大きく改革されることはまずない。
 
汚れが落ちて本来の姿に戻ったり、詰まりがとれてすっきりしたりする程度のものである。
 
でもね、このお掃除をサボってしまうと
気づかないうちに大きな汚れになって、取り除くにはもう手遅れになってしまう。
 
だから、ちょっとずつ手当たり次第に雑なお掃除を続けていかなきゃいけないんだ。
 
 
余談だけれど、私がお掃除をするもう一つの大事な目的がある。
 
それは、「客人をいつでも誰でも快く迎えるため」である。
 
私のお部屋はなぜか突然に訪れる人が多い。
 
でもやっぱり、この部屋jは「落ち着くなあ」と安心してくれると嬉しいし、
ちょっとお花を飾ったりするのは、歓迎の意を込めている。
 
日本社会だって同じ。
今や、海外からたくさんのお客様がやってくる。
 
できるなら気持ち良く迎え入れたいなあと思うよね。
 
これからも、私なりに雑なお掃除をちょっとずつ続けていこうと思う。