「そしてあなたは何になるの?」

学問の世界に志が高いが故、学部では物足りず、大学院に進学したい。けれど周囲から「最終的に院に行っても何になるの?」と問われ、自分の気持ちに一歩踏み出せずにいる女の子から相談を受けた。きっと他にもそんな子はいるだろうし、私なりの解答を思いつくままにあげてみよう。少しでも、本人の気持ちに寄り添う形で背中を押せたらと思う。

 

まずこの問いについて。

「何になるのか?」という問いには「何かになる」ことが前提とされている。ここでいる「何か」は「社会的認可を有する一定水準以上の報酬を得られる職業」、分かりやすく言うと「飯が食っていける仕事」ってことだ。更に、ある程度の高学歴層であれば、「社会的名誉」「高収入」なんかの要素もプラスされる。

そのように、広く国民は「何者」(朝井リョウのそれに近い)かになることが求められていて、おそらくそれを他者に求める人間は「何者」かに既になっているか、そうなる十分な見込みがあるのだと思われる。

 

さて、皆に分かる「何者」かにならなきゃならないのか。「何者」かになってしさえすればそれで完結するのか。「何者」かにならなくては人は何もできないのか。

 

あとこれはもう完全なる個人的な偏見だけれども、こういう問いを他人にぶつける人は、そうすることで自分自身の正当性を認めたいがためそうしているに思う。その人たちからすると、自分は正しく道を歩み、今は働き、自分の手でお金を稼いで暮らしている。それが正しく社会にでることであり、勤勉で真面目に働くのが最も尊まれることだ、と。確かに、なんら間違ってない。しかし、厄介なのは、それを他者に押し付けることだ。「お前はいつまでも好きに学生やるなんて一体何になるんだ?こっちは真面目に働いて金稼いでんのに」「文系(もうこっから突っ込みたいけど)で研究なんかやって何のためになるんだ?」という妬み?も含まれているような気がする。

 

良いじゃないか、あなたは自分の幸福追求?か社会貢献のためかで今の人生がある。こっちだってそれと同じだ。あなたと人生に求める価値が違うだけさ。ね。あなたに理解されなくて当然か。

 

私の経験上の話であるが、本当に(社会的に本人的に)成功して充実している人間は、他者の(特に若い人への)志や行動にかなり寛容である。「何でもいいから自分の思うように、自分の意思で動いてみなさい」と、そんなメッセージを軽やかな笑顔を添えて届けてくれるものだ。カッコ良いオトナはな。

 

あとちょっと逸れた話。

今のところ社会は資本主義で、利潤を生むものが優位に立てる。学問でも「実学」という名の、利益を生む?研究が評価されるというのはある。シンプルに、金がすべて。けれどこの先、様々な科学技術や人工知能なりが発達し、人間が「働かなくて良い」社会が到来したらどうだろう(ホリエモンが得意そうな話)。働いて、稼げる奴が優れているという価値観は砕かれてしまう。だって、その必要性はもう人間はないのだもの。ベーシック・インカムもあるしね(やはりホリエモンの論に沿ってしまった)。その時に人々がどう生きるかって、やはり芸術であったり知的欲求を満たすものが必要なのではないかな。資本主義が崩壊し「娯楽主義」たるものが来るのでは。知的欲求を満たす為に新たな知的産物を生み出す。この繰り返しで、人間の存在意義を見出すのも一つの有力な生き方だと思う。

 

 

人のアドバイスは半分心に留めて、半分聞き流す。自分の人生は自分が責任をもって決めるべきもの。他人のアドバイスに従うとしよう。上手くいかない時、きっとあなたはそのアドバイスのせいにしてしまう。まあ、こんなに世の中変わってきているのだ、皆完全なる正解なんて持ってないよ。

 

 

ごちゃごちゃ書き出してみましたが、最後に一言。

 

 

”自分の思いに自信を持って”