孤独な目を持つ青年

私は、もうずっと物心ついたような頃から孤独な目を持った異性に弱いところがある。 誤解のないように言うと、「実際に孤独な人」とは違う。 例えば、ある集団で浮いているとか、疎外されているといった目に見えて孤立しているという人が孤独な目をしている…

LINEを返せる状況なのに精神的に返せないことが多くなった。

あの子もその子も実は全部虚構だったんじゃないかってふと思う時がある。 特に、毎日のようにLINEで繋がっていると 現実なのか虚構としての産物なのかよくわからなくなる 実際、後者の認識の方が実感として強くでる LINEに浮かんだ文字をみて 現実にある身体…

おもいおもい

この3日くらい頭に鉛の塊を乗せられて歩いている気分。すこぶる病む病む私の頭。 おもいおもい 身体が思うように動かない 頭が思うように考えれない せめて君に好きだって伝えたいのに それさえ意識が遠のいてしまって全く力が出ない おもいおもい わたしは…

悪い女

そうやって簡単に騙されちゃいけないよ。 わたしはあなたが思っているよりもずっとずっと悪い女。 あなたを一目見ただけで、わたしにはあなたが分かってしまうの。 あなたの欲しいモノも求めていることも、全部全部知っているの。 さぞかし、嬉しかったんで…

なぜわたしはモテてしまうのか。

どんな自意識女だよっていうタイトルで申し訳ないのですが、今のわたしにとってはこれを「問題」として扱い、反省も含めよく考えてみるべきことのように思うのです。このブログ自体、他の誰に向けたものではなく自分の心の整理に文を散らばせている場所なの…

君の中の少女

私は知ってるよ 君は 君の中の少女を見つけられたことが とってもとっても嬉しくて もっともっと少女を体外に溢れ出したくて たまらないんだよね 君の頭の中は 君の中の少女を発見した 彼のことでいっぱい 彼には こっそり とっておきの少女を見せたいんだよ…

だいじょうぶだよ

だいじょうぶだよ 君は 弱いけれどとっても強がりさん でも実は 君ってそんなに脆くないよ わたしは君らしい君が一番好きだよ 君もよく知ってるでしょ 君の良さ ねえ 試しにわたしのことを信じてごらん さあ 怖がらずに 君は人を信じれると もっと強くなれる…

笑顔みせて

ねえ、とりあえず わらってみてよ 何でもなくていいよ 不機嫌だっていいよ ほんの一瞬でいいからさ にこってしてみてよ ねえ、簡単なことでしょ? 君が今頭の中で考えていることよりも ずっとずっと簡単 君は今とても むずかしい顔をしているよ 君はそれを …

仕事でミスばかりして落ち込んでいる君へ

残念だけれども、あまり落ち込むことは誰も得しない。 君はちゃんと反省したし、次は頑張ろうって思っている。 もうそれで十分だ、ちゃんと向き合えているよ。 でもさ、一番大事なのは健康に生きることなんだ。 これは天から与えられた使命だよ。上司なんか…

女になったばかりの少女

わたしはずっと少女でいたかった 何も考えず走り回り、無邪気に笑う少女でいたかった ずっと誰のものでもない自分でいたかった あのとき わたしはとっても泣いた 痛みに耐えられなかったのでもない 苦しみを味わったのでもない 悔しくて悔しくて泣いた わた…

君にありがとう

おはよう こんにちは こんばんは また今日も君に会えたね。 わたしは、うれしいよ。 今日もこうして 君がわたしのことを気にかけてくれているってことだもんね。 きっとわたしは 君のことをもっと知りたいって思っているよ。 きっとわたしは 君ともっと話し…

消費される着物文化

観光客の増加に伴い、京都の街中ではあちこちでレンタル着物屋さんがOPENしている。 夏の季節である今であると、そこらじゅうに浴衣姿の人たちで溢れていて、キラキラしたような雰囲気が漂っている。 そんな光景を話していて、同級生の男の子が「タダで浴衣…

お掃除の時間

私はお掃除が好きだ。 決して潔癖症ではないのだけれど、お掃除をしている時間は好き。 もし、一週間のうちにその時間が取れないと、心身ともにすっきりと日々を過ごせなくなってしまう。 だから、どんなに忙しくても、この時間はつくるようにしている。 お…

おねがいごと

家の前の商店街で短冊が置かれたいたのでおねがいごとを書くことにした 私はちっちゃい頃から自分の「おねがいごと」をするのがとっても苦手だった。 何もどうひねり出してもでてこないのだ。 特に欲しいものはないし なりたい自分もないし 叶えたい願望みた…

いつだって他の誰か

私に好意を寄せる男性を目の前にして、私はいつだって他の誰かになることができる ある時はかわいい女子大生 ある時は優しいお姉さん ある時はエロい女 ここら辺はだいたい相手の要望を察して、限りなく100に近く演じられる それだけでなく、私もまた好意…

お父さんのいびき

北国の寒い寒い冬の間 母は左、私は真ん中、父は右に、 私の家族は一つの温かいお部屋で、その名の通り川の字で寝る習慣があった。 私の父はとっても大きいいびきをかく人だった。 私と母は、ライオンが吠えてるみたいだってよく小馬鹿にして笑った。 そんな…

赤ちゃんのチカラ

赤ちゃんを目にすると自然に微笑んでしまう。 この世の中で、なんの見返りも求めず、笑顔を作れるのは赤ちゃんの存在だ。 どんなに難しい顔したおじさんも、中身のない会話好きな女子高生も、腰の弱ったお年寄りも、みんな赤ちゃんの前では良い笑顔になる。 …

勉強をサボったらああなるのよ

先日、工事現場で働く方から、誰もが一度は経験する「現場あるある話」を聞いた。 小学生くらいの子を連れた母親は、汗水流し働く自分たちを指差して「勉強をサボったらああなるのよ、だから勉強しなさい」と、我が子に向かって諭すということがよくあるらし…

コンビニ化する人たち

コンビニ化の批判ってたくさん出てきているし、その現象もとてもわかりやすい 早く 簡単に 気軽に 24時間 利用可能 ここら辺を押さえておけば、もうそれはコンビニ化だとみなすことができよう。 例えば人とのコミュニケーションでは 直接会って話そうとす…

好きな会話

自分をとりまく環境を振り返ってみると一週間のうちに会話をする相手の幅がとても広い。 年齢でいうと、読み書きを覚えたての小学生から、言葉を忘れ始めたお年寄り 学力でいうと、偏差値上の上に君臨する学生から、偏差値という意味さえ危うい学生 職業でい…

タバコをやめた男

私と恋人としての交際が始まった瞬間、タバコをやめた男がいた。 私は何もタバコを吸う彼を嫌いではなかったし、彼の健康を思ってやめさせようとした訳でもない。 ただ、彼は「タバコを私のためにやめる」と宣言をし、 あれだけ毎日口に含んでいたタバコを突…

本当は一番大事に守っていかなきゃいけないこと。

人間は思っているよりずっとずっと弱くて、脆い。 ちょっとした衝撃で身体機能がうまく働かなくなっちゃうし ちゃんと管理していても病が発生したりする 生命が日々持続して機能しているって奇跡的な事に対してほとんどの日本人は無自覚だ。 当たり前のよう…

だって私の人生語呂合わせなんだもん

私の色恋沙汰が盛んだった頃の話。 「まさきさん」に別れを告げた後に、「まさきくん」という子から交際の申し入れがあった。 「坂口くん」に惹かれ始めていた時に、「坂口さん」と一夜を過ごした。 「なおやくん」から数年ぶりの連絡があった夜に、「なおや…

「そしてあなたは何になるの?」

学問の世界に志が高いが故、学部では物足りず、大学院に進学したい。けれど周囲から「最終的に院に行っても何になるの?」と問われ、自分の気持ちに一歩踏み出せずにいる女の子から相談を受けた。きっと他にもそんな子はいるだろうし、私なりの解答を思いつ…

「こうしなきゃいけない」という強迫観念

「GWは何してるの?何したの?」と聞かれると 「GWは何かしなきゃいけない」気になるし 「あの映画見た?どうだった?」と聞かれると 「何かのシーンに感動しなきゃいけない」気になるし 「趣味は何?休みの日はどう過ごすしてるの?」と聞かれると 「休みの…

真面目であること

真面目であることが正しくて 不真面目であることが正しくない そのロジックはもうそろそろ限界 だからといって、不真面目であることがカッコ良いも違う だからといって、真面目であることがカッコ良いも違う そもそも、真面目か不真面目かを人間そのものを二…

綺麗なお姉さんと下品なおじさんの組み合わせ。

夜のスーパーにて。 手足がスラーっと長いモデルさんみたいな綺麗な外国人のお姉さんがいた。金髪が決して浮くことがない、目鼻立ちくっきりの顔立ちだ。使う日本語もまた上品。 その横でごちゃごちゃ小言を吐く男性。少しお酒が入っているのか、赤く染まる…

不信は何から生まれるか。

不信は何から生まれるかという答えはいたって簡単、「信じる」ことである。 「教育不信」に関して、広田の考えを借りるのならば、それらは皆「教育に過剰に期待し過ぎている」のだ。 学校教育は子どもに対してあらゆる手ほどきができる、と信じ込んでいるか…

また一つ明かりが消えたなら

夜の街は その寂しさを埋めるように 明かりを持たせなくてはならない 祇園の花見小路通り沿いに「ミラノ」というお店があった 名前の通り、イタリアを思い浮かべさすような風貌 古びた店内 和製的な西洋を感じさせるふかふかの大きいソファ 時代に似つかわな…

強いからこそ優しい

他人に対しての優しさをもってる人はそれだけ強さをもっている。 別に優柔不断で流されるわけでもない。 強さが前面に出ちゃってる人ほど、器が小さかったりする。 本当に優しい人は本当の強さをよく知っている。